漢字学習を効率的に

わが家で行っている漢字学習の方法を紹介しますテーマは

短時間で効率的に!

です。とにかく勉強が面倒で面倒で仕方がないまめすけは長い時間学習できません。なので、毎日短時間で学習を終えるように工夫しています。

短時間で漢字学習

1日5分~10分を目安にしています。同じ60分学習するなら週に1日60分学習するよりも週に6日10分ずつ学習した方が効果が高いです。テストの前日だけ学習するという習慣がついていたら今のうちにその習慣は変えた方がいいですよ。

今使っているのは4年生の復習です。とにかくやる気になる教材をということで選びました。

効率的に漢字学習

既に覚えている漢字を10回も20回も書かせるような学習は効率が悪いし、学習ではなく作業になりやすいので、間違えた漢字、苦手な漢字のみ何度も学習するようにシステム化しています。

  1. 上記のテキスト2ページ分をやる
  2. 間違えた漢字のみその日のうちに練習
  3. 間違えた漢字は次の日と1週間後に確認できるよう復習プリントを作る。
  4. 次の日は昨日と1週間前に間違えた漢字を確認してからテキストをやる

復習プリントでは前日間違えた漢字と1週間前に間違えた漢字が復習できるようにしています。

間違えた漢字はその日に復習、次の日に確認、1週間後にも確認という風に少なくとも1週間で初出の時を合わせて4回は書くことになります。以前の記事(→エビングハウスの忘却曲線を意識して学習する)で書いたように忘れる前に復習をすることで覚えやすく、忘れにくい学習になります。

今回は復習なので、テキストが1冊終わったらそこでおしまいにする予定ですが、新しく習う漢字の場合はある程度新しい漢字を学習したら、学校の漢字テストに合わせて総まとめのチェックテストのようなことをしてもいいかもしれませんね。やはり、学校のテストでよい点数が取れるのは一番モチベーションが上がりますからね。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)
レクタンブル(大)

フォローする